• yamanaka82

港区ーE様邸リノベーション工事

最終更新: 7月21日

2021年7月16日

クロスを貼り終わり、室内がより明るくなりました。


LDK

天井から延びているコードは照明などの配線コードで、同色で分かりにくいですが、レンジフード設置場所に棒が4本出おり、中央部に排煙管を取付ています。

床から出ている、青・赤の管は、水と湯の配管でグレーは排水管です。

貼り終わった床を傷つけないよう、養生して作業を行っております。

主寝室                                主寝室WIC 



2021年7月14日

本日は、クロス貼りと、壁のボードにパテを塗り、凹凸を無くす作業をしました。


LDKの天井と、天井に近い壁(コンクリートの躯体)に直接クロスを貼っています。

最近のマンションでは二重天井・二重床が多いですが、こちらでは天井高を取るため、躯体に直接クロスを貼りました。天井が高いと部屋が広く見え、圧迫感がありません。

ボード部分は凹凸を無くす為、パテを塗り込みます。この作業をすることで、クロスをきれいに貼ることができます。この作業は最低3回は行います。

WIC パテ作業

パテ作業を終えたところから、クロスを貼っていきます。 パテの作業を丁寧にすることで仕上がりがきれいに、また剥がれにくくなります。                       洗面室クロス貼り

脱衣室クロス貼り

玄関クロス貼り


掃除機や箒が写っていることがあります、現場は資材が多くゴミが出るので、掃除と片付けをしながら作業しています。

また工事が始まる前に工程表を作成し、それぞれの作業の進行を止めないよう割り振ることで、効率よく工事を行うことができます。

2021年7月12日

本日は、塗装工事を行いました。建具枠や昨日紹介したコーナースペースの木枠を塗装しています。

木目が出ることで、落ち着いた雰囲気に。

各部屋の窓の木枠は、白系で塗装し部屋がより明るくなりました。

2021年7月9日

部屋を区切る木材にボードを貼り付けました。また空間の無駄をなくすため、LDKの壁に物を置けるスペースを確保しました。

この後ボードの凹凸を無くし、壁紙クロスを貼っていきます。

窓が多く、とても明るいLDKです。

LDK写真左側にキッチンを配置します。

主寝室にも大きな窓があり、風通りも良いです。






大容量のWICを主寝室に      


玄関入口脇には棚を取り付けます。

2021年6月30日

置床工事が終わり、床暖房と仕上げの床を貼りました。


床暖房の設置をしています。みどりの部分のみビスを打つことができます。

メジャーで測りながら、ビスを打っていきます。

床暖房設置後、仕上げの床材を貼っていきます。

リビングは太めの床材をカットしながら斜めに貼ります。


2021年6月24日

配管工事が終わり、置床工事を行いました。置床の上に仕上げのフローリングを敷いていきます。

床から延びているホースは、床暖房用です。

●支持脚  台板(四角い部分)と樹脂製のナットとボルトからなり、高さ調整が可能です。樹脂製のナット部を躯体床に設置し、台板に置床をのせ支えます。


●レーザー墨出し機  一直線のレーザーの光で水平・垂直ラインを簡単に出せる電動工具です。 壁、天井に当て精度の高い墨出し作業が可能になります。


2021年6月15日

本日は配管工事を行いました。ガス管(オレンジ)、追炊き管(白)、給水管(青)、給湯管(赤)が給湯追炊機につながれ床下に配管されます。



2021年6月9日

解体後、部屋を図面通りに区切る作業をしています。天井に勾配があるため、床から天井までの下地材も現場で長さ調節しながら設置しています。

2021年5月14日

リノベーション工事が始まりました。まずは部屋の壁・天井・床・既存の建具やキッチン等の設備を解体し、中をスケルトンにします。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示